東京都江東区大島駅|整形外科一般|脊椎外科|スポーツ整形|足の外科|リハビリテーション|各種保険・交通事故・労災取扱

江東区 大島駅 いのうえ整形外科
tel:03-5627-8341
休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日
受付時間 8:40-12:00 14:45-18:00

江東区大島駅 いのうえ整形外科|整形外科一般・脊椎外科・側弯症・スポーツ整形・足の外科・リハビリテーション・小児整形・骨粗鬆症・各種保険・交通事故・労災取扱

Menu

診療内容のご案内
Medical Treatment

整形外科一般

整形外科一般とは

整形外科は、身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉や、それらを支配する神経系からなる運動器の、機能障害や外傷による損傷を診断・治療する専門外来です。

具体的には、骨折、脱臼、切り傷、打撲などの外傷をはじめとして、肩こり、腰痛、膝痛など、日常的に起こる体の痛みや違和感などを扱います。

当院ではお子様から成人、ご高齢者まで、あらゆる年齢層の患者様の診療をいたしますので、お気軽にご来院ください。

症状別に診る代表的な疾患(対象疾患)

症状 考えられる主な疾患
首の痛み、肩のこり 頚椎症、頚椎捻挫(むち打ち症)、頚椎椎間板ヘルニア
肩の痛み 肩関節周囲炎(五十肩)、腱板損傷
腰の痛み 腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、骨粗しょう症 、腰部脊柱管狭窄症
足の痛み 痛風、扁平足、外反母趾、足関節捻挫
肘の痛み 上腕骨外側上顆炎、肘部管症候群
膝の痛み 変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)
手、手首の痛み 関節リウマチ、腱鞘炎、手指変形性関節症
ももの付け根の痛み 変形性股関節症、単純性股関節炎(小児)
手の痺れ 頚椎椎間板ヘルニア、手根管症候群
足の痺れ 腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症

リハビリテーション

リハビリテーション科について

リハビリテーションとは、傷害を受けた身体の機能を最大限にまで回復させることを目的とした診療です。
当院では「理学療法士によるリハビリテーション」を行っております。
腰痛体操・膝・肩体操、関節可動域訓練や歩行訓練、術後のリハビリなど、患者様の様々な症状に適応した理学療法士による治療が可能です。 治療内容としては、以下の方法が中心になります。


理学療法

理学療法は、歩く、立ち上がるなどの基本動作や、痛みや麻痺などに対して、機能回復後の運動療法や電気療法や温熱療法などの物理療法を合わせて、運動機能・動作能力の改善や維持を図る治療を提供します。

運動療法 身体の全体または一部を動かすことで症状の軽減や機能の回復を目指す療法のこと。予防や治療の目的で、腰痛体操、転倒予防など、筋力と柔軟性、バランス能力の改善を目的に行います。
物理療法 物理的作用を加えることによる身体の治療です。マッサージや、温熱・寒冷・電気療法(患部に電流を流す治療)などがあり、麻痺の回復や鎮痛などを目的に行われます。

パワープレートのご案内

パワープレート

当院では運動療法の一環として「パワープレート」を導入しております。
従来の物理療法では治療中にじっとしていることが多いため、患者様自身が受け身の姿勢となり効果を感じにくいところがございます。

しかしパワープレートは正確な姿勢を保つことにより治療効果が異なります。
正しく効果的な姿勢を取ることで、衰えていた筋力が回復できた、バランスの悪い姿勢が改善したということを大きく感じることができます。自ら積極的に動くことでそのリハビリ効果を実感し、「やればできる」という満足感で自信を深めることが可能です。

ロコモティブシンドロームの予防、また筋力やバランスの改善に、体への負担も少なく、短時間で効果的な「パワープレート」を当院でお試し頂いてはいかがでしょうか。


代表的なリハビリが効果的な疾患

肩こり、腰痛症、変形性股関節症、変形性肘関節症、スポーツ外傷全般、手術後の疾患、ロコモティブシンドローム、フレイル など

脊椎外科・側弯症

脊髄脊椎外科とは

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などをはじめとする日常生活に支障を来すような背骨の症状を専門的に治療する診療科です。

脊髄疾患とは、背骨の病気で神経が圧迫され脊髄や馬尾神経の障害を引き起こし、痛みやしびれ、麻痺を起こす病気の総称です。
骨や軟骨が神経を圧迫して生じたりすることが多いのですが、脊椎の骨折のように、骨そのものが痛んで症状を起こすこともあります。


側弯症とは

背骨は本来、正面から見て真っ直ぐなのが正常なのですが、これが側方(左右)に曲がってしまった状態の事を側弯症と言います。
側弯は成長に伴って思春期前後で進行することが多く、容姿の問題にもなるため早期発見・早期治療が重要で、側弯の専門医の適切な診断が必須と言えます。
当院では、順天堂大学医院 側弯症外来と連携し、専門的な診断、治療を行なっています。


代表的な脊椎外科・側弯症の疾患

肩こり、頸肩腕症候群、頚椎捻挫、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症脊髄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊椎間狭窄症、 腰椎変性すべり症、腰椎分離症、突発性側弯症、脊椎圧迫骨折、脊髄脊椎腫瘍 など

スポーツ整形

スポーツ整形外科

一般の整形外科的な知識に加えて、各競技の運動内容や、スポーツレベルの多様性、種目による障害・外傷の特殊性などを理解した上で、早期の復帰を目指し、運動療法(リハビリテーション)、手術療法、装具療法などの総合的な治療を行う診療科がスポーツ整形外科です。

スポーツ特有のけがは、一般の整形外科の治療とは少々異なる部分があるため、この分野に関する経験豊富な専門医にお任せいただくほうが安心です。

当院では、スポーツ医学の知識と経験をもとに、各種スポーツ外傷、慢性疼痛などに対する治療、および予防指導を行っております。
けがからの早期復帰と、今後の予防を重点に置いて診療にあたります。


代表的なスポーツ障害

打撲、骨折、脱臼、捻挫、切り傷、すり傷、靭帯損傷、腱断裂、肉離れ、腰椎分離症、野球肩、野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、半月板損傷、疲労骨折  など

足の外科

足は人の体重を支えるという、重要な役割を持っています

足は体の中では小さい器官ですが、唯一地面に接する場所であり、体重を支える重要な役割があります。
「足」を形成する骨は両足で56個もの骨でできており、繊細かつ複雑にできています。
「足」は常に体を支えるという負担に耐えています。

そして関節は33関節もあり微妙な動きで地面を捕らえていますので、足の痛みについては軽視せず、丁寧な診察とアプローチが大切となります。


代表的な足の疾患

外反母趾、扁平足、強剛母趾、足関節捻挫、足関節外側靭帯損傷、変形性足関節症、後脛骨筋腱機能不全、腓骨筋腱脱臼、足部・足関節の骨折、骨折後変形治癒、足趾変形、内反小趾、足底腱膜炎、アキレス腱断裂、アキレス腱周囲炎、 リウマチ足、糖尿病足、モートン神経腫、有痛性外脛骨、三角骨障害、足根洞症候群、胼胝・鶏眼(たこ、うおのめ) など

小児整形

気になることはお気軽にご相談ください

小児整形外科は、成長期にあるお子様を対象とした小児専門の整形外科です。 子どもはヒトとしての発達段階の途中にあり、日々、急速な成長を遂げています。
大人を小さくした存在が子どもというわけではなく、成長過程にあることをよく念頭に置きながら治療にあたることが大切なのです。

治療にあたっては、骨や筋肉、神経の発達を視野に入れ、小児特有の疾患を丁寧に診察し治療いたします。


代表的な小児整形外科の疾患

O脚、X脚、歩行障害、成長痛、成長障害、股関節症、オスグッド・シュラッター病、踵骨骨端症、内反足 など

骨粗しょう症

骨粗しょう症外来とは

骨粗しょう症は加齢などの原因により、骨の量が減少したり、質が劣化したりしてスカスカになり、もろくなって骨折のリスクが高くなってしまう疾患です。

骨に含まれるカルシウムなどの量(骨密度)は若年期をピークに、年齢とともに減少していきます。この減少のため、背骨が体の重みでつぶれたり、背中が曲がったり、変形による圧迫骨折を来たしたり、ちょっとした転倒で骨折するといった事態を引き起こしがちです。

現在、わが国で寝たきりになる原因の第3位が転倒による骨折ですし、介護が必要となる主な原因の10%近くが「骨折・転倒」によるものですから、要注意です。


女性に多い骨粗しょう症

骨粗しょう症は、ご高齢の女性を中心に年々増加しています。 骨粗しょう症患者の8割くらいを女性が占めており、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌バランスが変化する更年期以降に多く見られます。閉経を迎える50歳前後から骨量は急激に減少し、60歳代では2人に1人、70歳以上になると10人に7人が骨粗しょう症になっていると言われます。

一方、偏食や極端なダイエット、喫煙や過度の飲酒、運動習慣なども骨粗しょう症の原因と考えられており、最近では、高齢の女性だけでなく、若い女性の骨粗しょう症も問題視されています。


代表的な骨粗しょう症の予防と治療法

食事療法 骨の主成分であるカルシウムやタンパク質、および骨のリモデリングに必要なビタミンDとKなどの栄養素の摂取が重要です。
運動療法 年齢に合わせた中等度の強度の運動が効果的です。
日光浴 体内でカルシウムの吸収を良くするビタミンDが合成されます。日光浴を心がけましょう。
薬物療法 骨密度の低下や病状の進行が見られる場合には、食事療法、運動療法、日光浴に合わせて、薬物療法を開始します。 現在、治療に用いられる薬は内服薬や注射薬があります。

いのうえ整形外科
Clinic Information

科目
●整形外科一般 ●脊椎外科 ●スポーツ整形
●足の外科|リハビリテーション
●各種保険・交通事故・労災取扱
所在地
東京都江東区大島5-32-5
Google map >
最寄駅
都営新宿線「大島駅」A4 出口、A3出口より徒歩1分
※A4出口はエレベーターあり
駐車場
近隣にコインパーキングあり
電話
tel:03-5627-8341tel:03-5627-8341
受付時間
8:40~12:00 - -
14:45〜18:00 - - -

診療時間:[月・火・木・金]9:00~13:00 15:00~19:00 [土曜]9:00~13:00
休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日

ページトップへ